• 埼玉県蕨市・川口市・戸田市で地域活性と多世代共生を考える

    こんにちは、サステナブル・サイタマUです。今回は、防災ワークショップ2019の講師である永吉(ながよし)美さと氏が所属する団体の一つである「ティーラーズ」と、私が受けた影響についてお伝えします。

    対等な組織・社会の実現を目指す「ティーラーズ」とは

    ティーラーズは、永吉氏の母校である女子中高一貫校のご学友で結成されました。

    ティーラーズとは
    対等な組織・社会の実現を目指し、学ぶ機会を創出する団体です。オリジナリティ溢れるワークショップを開催し、次世代型のティール組織として、新しい時代を担う若い世代に向けたキャリア教育も推進しています。

    引用元:永吉氏のブログ「防育日記」

    団体の在り方として、この本に書かれている「ティール組織」を実践しているそうです。

    ワークショップ「我が家ならではの性教育を見つけよう!」〜今、親が知っておくべきこと〜の感想

    2019年7月21日(土)、ティーラーズ主宰のワークショップに参加した私は、これまで抱いていた「性教育」のイメージを刷新されました。

    性教育3.0の世界

    性教育について「あまり深いことを話したくない」と考える保護者は多いのではないでしょうか。

    2児の母である私には避けて通れないテーマですが、息子の性の目覚めを考えると気が重くなります。

    しかしティーラーズが開催したオンライン講義を受けたことで、子どもに性のことを話す抵抗感を軽減できました。

    浦安会場、オランダ、日本各地の参加者がオンラインで結ばれる

    進行は、Kindleで出版もされている産婦人科医の川原麻美先生と、オランダの公教育「イエナプラン」研究のため、日本での教職を辞して渡欧された、イエナラボ主宰の川崎知子先生です。

    ワークショップは、川原先生が講義をおこなう浦安会場と、オランダにある川崎先生のご自宅をWeb会議ソフトZOOMでつなぐリモート形式で実施されました。

    オランダの性教育は明るく「対等」

    オランダの学校で使われている性教育の教材は、かわいらしく素朴なタッチのイラストが添えられていました。

    堅苦しさ、誇張した表現、いやらしさがなく、人間の生理をわかりやすく伝える印象です。

    「この表現なら、多くの保護者と子どもに受け入れられるだろう」と感じました。

    現役の産婦人科医と、小学校教諭の経験を持つ教育者という、性教育の講師として最高の先生方の企画です。

    日本の公立小中学校などでこのようなワークショップが開催されたら、多くの人が「性」に関し中庸な視点を得られるのではないでしょうか。

    川原麻美先生のご著書

    現役の産婦人科医である川原先生は、Kindleで2冊の電子書籍を出版されています。

    「いやって言っていいんだよ。」の感想

    この本には、オランダで公教育「イエナプラン」を研究する川崎先生へのインタビューが掲載されています。

    川崎先生が渡欧に至った経緯や、子どもの個性を大切にする教育現場などについて書かれており、夢中になって読みました。

    生徒一人ひとりの個性にあわせて最適化された「ブロックアワー」は、日本で問題になっている子どもの不登校を解決する大きなヒントになりそうです。個人的には、個別指導塾の授業に通じるものを感じました。

    私も子どもも、国内で一般的な公教育を受けています。そのことに特に疑問を持たずに生きていましたが、知らず知らずのうちに視野が狭くなっていたことに気づきました。

    巻末で紹介されていたDVDや書籍を入手し、家庭内で役立てたいと思います。

    「1歳からのペティナイフ」の感想

    こちらは家事や育児のTipsや、予防接種、不妊治療などについて執筆されたものです。

    「もっと子どもに冒険させよう」と、前向きになりました。

    ご自身の言葉で情報を発信するお医者さまには信頼を寄せたくなります。

    時短家事(洗濯の分類テクは必見)や育児のTipsは、イラストや写真つきでも読んでみたいと感じました。

    オランダの教育を研究する「イエナラボ」の授業を受けたい!

    ワークショップを受けたあと、私は川崎先生のイエナラボに興味を持つようになりました。

    毎週火曜日の日本時間16時から、川崎先生のオンライン講義が実施されていると知りましたが、残念ながら娘の習い事と重複しています。

    そこで、川崎先生がすすめられていたカードゲームを2種類購入し、小学校4年生の娘と幼稚園年長の息子に与えました。

    ヨーロッパ北部の国、エストニアで開発された知育教材であるそうです。

    ※これらのカードゲームは、ブレイニーゲームから購入できます。

    「これ、どうやって遊ぶの?」

    と使い方がよくわからなかった子どもたちですが、しばらくすると2人で新しいルールを作って遊んでいました。

    子どもの創造性を引き出す、素晴らしいカードゲームです。

    このようなツールを見つけた川崎先生のお話を、もっと聴きたくなりました。

    私は今後も、イエナラボの動きをフォローします!

    ティーラーズの活躍に期待!

    ティーラーズの活動に触れた私の感想を一言であらわすと

    「啓蒙された」

    です。

    現在の価値観が最適解ではないという視点を、常に持ちたいと感じました。

    日本の社会では、暗黙のうちに空気を読むことが要求されます。「言霊」の影響か、肯定的な表現が良しとされるので、否定的な表現を使いにくい傾向もあります。

    そんな中、いやって言っていいんだよ。とは、なんと心強い言葉でしょうか。

    「社会は、私たちの意思と決断で変えていける」

    ティーラーズの活動には、多くの人を勇気つける有形無形のメッセージがこめられているのです。

    永吉美さと feat.サステナブル・サイタマ&NPO法人ふうせん「防災ワークショップ2019」

    2019年10月19日(土)にサステナブル・サイタマがNPO法人ふうせん様と共催する防災ワークショップ2019では、ティーラーズの1人、永吉美さと氏が登壇されます。

    永吉氏は、オランダで開催されたイエナプラン教育のリーダーシップ研修を受講されています。

    質疑応答の時間もございます。お気軽にご参加ください。

    2019/10/19(土)「防災ワークショップ2019」開催します

    申し込み:お申し込みフォーム

    永吉氏のKindle書籍はこちら!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です